トンデケアはリウマチにも効果があるのか?

トンデケアはリウマチにも効果があるのか?

トンデケアは関節痛や神経痛に効果があると言われています。

 

リウマチも関節に異常が起きる病気なのですが、トンデケアを服用することで痛みが緩和されるのでしょうか?トンデケアがリウマチにも効果があるのか調べてみましょう。

 

 

リウマチとは?

 

リウマチとは免疫の異常によって手足の関節が腫れたりしびれたりといった症状が起きる病気です。

 

進行すると関節が動かせなくなるので、日常生活に支障が出てしまいます。

 

リウマチになる原因ははっきりとはわかっていませんが、体質的に自己免疫疾患にかかりやすい人が発症すると考えられています。そして過労やストレス、遺伝性など色々なきっかけで起きます。

 

 

30代から50代の女性に多く発症するのですが、その理由もはっきりとしていません。

 

人間には最近やウィルスなどの外的から体を守る免疫があるのですが、その免疫が以上を起こして組織や骨を攻撃することがあります。

 

そして破壊してしまうのがリウマチなのです。

 

リウマチの症状が活発に出る時とそうでない時があるのですが、活発な時は発熱やだるさ、貧血といった症状が出ます。

 

また、朝には体や関節の周辺がこわばったり関節炎になったりと不快な症状が続きます。

 

 

リウマチによる炎症は軟骨にもおよびます。

 

その為軟骨や骨が壊れる可能性もありますが、早期発見することにより防ぐことも可能です。リウマチは他の関節痛とは違ってじっとしていても激しく痛むのが特徴です。

 

 

痛みが炎症を起こし、さらに痛みを生むといった悪循環が起きるてしまうのです。

 

痛みは天気にも左右され、症状も良くなったり悪くなったりと安定しないので精神的にも疲れてしまうでしょう。

 

 

トンデケアは何に効くのか?

 

トンデケアは関節痛や神経痛に効果を発揮します。

 

関節痛とは加齢により骨と骨の間にある軟骨がすり減ったことで起きます。この軟骨がクッションの役割をしているので、骨と骨が当たって痛みを生じるのです。

 

一度すり減った軟骨は元には戻らないのですが、トンデケアを服用することで痛みを和らげることは可能なのです。関節痛は動きくことで起きるので、安静にしていればあまり症状は現れません。

 

ですが階段の上り下りや歩行などに制限が出てしまうので、早めに対処しましょう。

 

 

トンデケアはリウマチにも効果があるのか?

 

リウマチにも関節が痛む症状があるのですが、トンデケアでは効果は期待されません。

 

リウマチにはリウマチ用に消炎鎮痛剤や抗リウマチ薬、ステロイドというものがあるのです。

 

関節痛は加齢によるものですが、リウマチは免疫が関わってくるので関節が痛む原因が全く違うのです。しかし一見似ているので、関節が長く痛むようでしたら関節痛なのかリウマチなのかお医者さんに診てもらいましょう。

 

それぞれ早く対処することで痛みが緩和され、快適な生活を送れるようになります。